お役立情報

  • HOME
  • お役立情報

匠ハウスのポイント

せっかくリフォームに興味もっていただけているので、ここでは説明されないとわかりにくい項目を説明させていただきます。
是非快適なリフォームを成功させましょう。

節水型のトイレを設置後、排水時に詰まりやすくなった

節水型のトイレを設置後、排水時に詰まりやすくなった

実際によく起きている事が多い事例です。
わざわざ節水型の新型にしたはずなのに、トイレが詰まることが多いのはなぜでしょうか。

【設置された商品】
☆節水型トイレ(例:TOTO ネオレスト)を設置
洗浄量:大3.8ℓ・小3.3ℓ・ECO小3.0ℓ
※床排水タイプ

かなりの節水タイプのため、今までの排水管の勾配等にも左右されてしまうことがあります。その結果、洗浄量不足になってしまい、流し切れない症状がおきてしまうようです。
このタイプの節水型を提案する場合は、今までの排水管の曲がりや勾配を確認する必要がありますが、トイレには点検口がないため、業者に勧められるがままに設置してしまうことが多いようです。

★私どもは匠ハウスでは、安易に最小の節水型をご提案いたしません★

実際にご提案する際は、かならず現地を確認させていただき、自信を持って、お客様のご自宅にあうという裏付けのある商品をお勧めさせていただきます。

例:トイレの(例:TOTO ZJ)節水型
洗浄量:大5ℓ・小3.8ℓ・※床排水タイプ

実際にはわずかな差に見えますが、0.5~1.0ℓの差で大幅に改善されるケースが多いようです。

トイレ交換に、リモデルモデルを勧められました

トイレ交換に、リモデルモデルを勧められました

トイレのリモデルモデルを勧められましたが、リモデルモデルとはなんでしょうか、というお問合せをいただきます。

リモデルモデルとは、今まであった排水管の位置に対して、新設する便器の排水位置を一定の間隔の中で移動することが出来るトイレのタイプになります。つまり、設置が非常に簡単な工事です。

しかし、トイレの工事で大事なことは、排水管の位置がどの位置にあるかということが一番重要です。

★匠ハウスでは、安易にリモデル型をご提案いたしません★
施工自体は、リモデル用は大変簡単です。今までの排水管に合わせてリモデルトイレを設置することで、工事が完了するからです。ただし、ここに詰まる原因が起こる可能性があります。

リモデルモデルとは、今までの排水管、排水アジャスターと称するL字型のジョイントパイプを追加する必要があります。
この作業を行うことで、排水管にいままでなかった二つの曲がりができることになり、つまりの原因になることが多いのです。

私どもでは、できる限りいままであった排水管の配管位置を変えることで、リモデルタイプではないトイレをご提案し、設置後の快適さを実感していただければ思います。

リフォームローンについて

リフォームローンとは、住宅を改築・改装する際に利用する住宅ローンの一種です。新築で購入した家も、10年、20年と住んでいるとあちこち傷んでくるため、リフォームが必要となってきます。リフォームの費用は改築・改装の度合いによりますが、1部位に対して一般的に50~100万円を目安にかかってくるものです。

特に全面リフォームをすると1000万円以上かかるケースもあり、新築と同様の経済的負担がかかってしまうことも。
そんな時に、リフォームローンを利用すれば、通常のキャッシングローンを利用するよりも低金利でリフォーム資金を調達することができます。ローンは大きく2種類ありますので、ご紹介します。

有担保リフォームローン

メリット:金利が低く、期間が長く設定できる
デメリット:保証料、手数料、抵当権設定登記が必要となり手間がかかる

有担保とは、土地・建物を抵当に入れ、借り入れするということ。
借り入れ額を大きく設定できるので、大型のリフォーム工事の場合に向いている。
登記費用がかかってくるが、現時点で住宅ローンを返済中であれば、リフォームローンを追加で融資してもらえることも。住宅ローンの金利が高い方は、リフォームを機に低金利の住宅ローンへリフォーム資金ごと借り換えるのも一つの手。

有担保で借りたいという人で住宅ローンを返済中の方は、まず利用している住宅ローンの使途をチェックしてみましょう。リフォームと記載があった場合はまず問い合わせを。

無担保リフォームローン

メリット:手続きが簡単で登記費用がかからない
デメリット:金利が高く、期間も短く、額も少なめ

無担保とは、土地や建物を抵当に入れる必要がなく借り入れをする事ができるもの。無担保のリフォームローンは登記などの初期費用がかからず、手続きも簡単。額の少なさや期間の短さも挙げられるが、短期間でさっと返すことを目的とすれば、メリットとなる。無担保なので、金利は高くなる。

クレジット会社のリフォームローン

一般的にですが、リフォームとこれにかかる費用の総額が500万円以下、借り入れ金額が300万円以下の場合、クレジット会社のリフォームローンも検討してみましょう。手間がかからないのが最大の魅力ですが、実質金利は銀行ローンより高めなことが多いです。

しかし役所や勤務先で必要書類を取得するなど、ほとんど必要ありません。
したがってこれらを発行する際の手数料や保証料が不要です。小規模で借り入れ金額がそれほどなく、短期間で返済が可能な場合、銀行のローンよりも返済金額の総額が安くなるケースもあります。
ローンの審査の時間も短く、思い立ったらすぐ!といった小型のリフォームには嬉しい制度です。

リフォームローンは借り入れ先をじっくり検討し、賢い選択をする必要があります。
そのときに忘れてはいけないのが、各種手数料と手続きの煩雑さも選ぶポイントとしてみてください。

今なら、エコリフォームで補助金がもらえます!!

平成29年1月18日~国土交通省より「住宅ストック循環支援事業」として中古住宅やエコリフォームに対する支援が実施されることになりました!

今なら、エコリフォームで補助金がもらえます!!

住宅ストック循環支援事業

【住宅ストック循環支援事業とは・・・】
良質な既存住宅の市場流通を促進し、若者の住居費負担の軽減および既存住宅流通市場の拡大、耐震化率・省エネ適合率の向上等良質な住宅ストックの形成およびリフォーム市場の拡大を目的とした補助金制度です。
(引用:住宅ストック循環支援事業 HPより)

最大5万円以上30万円の補助金が受け取れるチャンス!
皆さんも、この補助金制度を利用して”お得に”ご自宅をリフォームしませんか?

補助金をもらうための”3”ポイント

補助金をもらうための”3”ポイント

POINT1 もらえるひと
・マイフォームに居住しエコリフォームを予定している方
・中古住宅をこれから取得、エコリフォームをする方

POINT2 もらえる額
・補助限度額 30万円/戸
(耐震改修を行う場合は40万円/戸)

POINT3 主な要件
・エコリフォーム後に耐震性があること

エコリフォームの対象工事

次の1~3のいずれか1つの実施が必須となります。
また、1~3の補助額の合計が5万円以上である必要があります。

  1. 開口部の断熱改修(※ⅰ)
  2. 壁、屋根・天井又は床の断熱改修(※ⅰ)
  3. 設備エコ改修(※ⅰ)(エコ住宅設備のうち3種類以上を設置する工事)

+

上記1~3のいずれかとあわせて実施する以下の改修工事等も対象

4.あわせて対象とするリフォーム等
Aバリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
Bエコ住宅設備の設置(※ⅰ)(1種類または2種類の設置)
C木造住宅の劣化対策工事 (※ⅱ)(土間コンクリート打設等)
D耐震改修
Eリフォーム瑕疵保険への加入

補助金を受け取るまで

工事着手(リフォームの工事請負契日):事業者登録日以降に着手可能
※匠ハウスは事業者登録済です

・工事完了期限:遅くとも平成29年12月31日まで ・補助金交付申請:平成29年1月18日(予定)~ 遅くとも平成29年6月30日 ※事業者登録以外の期限は、事業の実施状況を踏まえ変更される場合があります。

詳しくはこちら→国土交通省 住宅ストック循環支援事業ホームページ

エコリフォームは匠ハウスへ!!

弊社はエコリフォーム事業者登録をしております。
お得な機会にぜひ、気になる部分をリフォームしてみませんか??

失敗しない業者選び

失敗しない業者選び

リフォーム業者は、東京都内だけでもたくさんの業者がいます。
良く耳にする失敗談ですが、追加金額があとからあとから出てきて当初の予算を大幅に超えてしまった、という話があります。

これは、契約を取る一つの手段として、最初にお求めやすい金額を提示し、契約後になって、あれもこれもと不必要な提案を行い、追加金額を伸ばしていく業者がいるからだと思われます。

もちろん、すべてのリフォーム業者がこのような手法をとってはいませんが、一部の業者で実際に行われているようです。
私ども、じっくりとしたヒアリングを行い、お客様が必要としない商品はお勧めいたしません。ご安心くださいませ。

見積もりの内訳に関して

見積もりの内訳に関して

お客様より相見積のお話をいただくことがございます。他社と私共との見積もりを比較されてみて驚かれるケースがございます。

(他社)ユニットバス交換一式¥1,000,000.-(別)のみ記載でした。

このようなお見積りで契約してしまうと、あとからあとから追加金額が発生してしまった際に、契約後のため言われるがままに追加金額としてお支払いを行う事がが多いようです。
私どもの、お客様の不都合な見積もりは一切作成いたしません。責任をもって価格の根拠をお見積りに提示致しますので、お気軽にお問い合わせをいただけますと幸いです。

CONTACT お問い合わせ

リフォームのご依頼・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

0120-585-333

営業時間 9:00~18:00 / 定休日 水曜日、日曜日

more